がん治療

初期の癌なら遺伝子治療が試せる

遺伝子治療で癌を防ぐ

病院

遺伝子治療とは

癌を発症してしまう理由は、生活習慣や遺伝と言われています。血縁者の中に癌を発症した人がいる場合は、血縁者にいない人に比べて癌になってしまう確率が高くなってしまうのです。異常がおきた遺伝子がそのまま受け継がれてしまい、そのまま増えてしまったり、細胞分裂を繰り返してしまったりします。このような異常遺伝子が増えてしまうと、そのまま癌細胞に変化してしまい癌を発症させてしまうと言われています。そのため、異常遺伝子の増加を防ごうと正常な状態の遺伝子を幾つかの細胞に導入し、異常遺伝子を正常な状態に整えていくといった方法が新しい治療方法として利用されています。この、新しい治療方法は遺伝子治療と呼ばれているのです。

免疫治療と遺伝子治療の違い

免疫治療と遺伝子治療は、効果が異なります。そのため、遺伝子治療を試そうと思っている人は何が違うのかを知っておきましょう。今まで使われていた免疫治療は、癌細胞を見つけて攻撃するという方法で癌の進行を防いでいました。元々体の中にあった、免疫細胞を一度体外に取り出し人工的に増やし再度体に戻すことで低くなっていた免疫力を上げていくといった方法を使います。しかし、遺伝子治療の場合は癌細胞を見つけて攻撃するのではなく、正常な状態に導いていくという方法を使います。癌細胞が増える原因は傷ついた異常遺伝子が増えているからです。その傷ついた遺伝子を正常な状態に導く治療を行なうことで、癌の根本的な治療にも繋がる可能性があります。

治療の流れ

遺伝子治療は、医師のカウンセリングを受けた後に癌があるかどうか検査をします。癌検査で癌が発覚した場合は、更に細かい検査方法を利用して、癌がどこに発症しているのか、どのぐらい進行しているのかを診断していきます。癌の進行具合や、発症部位などを調べることができたら次は、医師と一緒に治療方法を計画していきます。どの種類の遺伝を投与して遺伝子治療を進めていくかなどを決めていくため、しっかりと医師と話し合いましょう。治療計画が立ったら、その計画に合わせて治療を進めていきます。クリニックにもよりますが、遺伝子治療を行なうさいに入院が不要という場所もあるため自宅で過ごしながら癌治療を受けたいという人は相談してみましょう。

遺伝子治療で予防できる

癌は遺伝子治療を使うことで、発症リスクを軽減することができると言われています。そのため家族に癌と診断された人がいる場合やなどが事前に遺伝子診断で、どういった種類の癌を発症しやすいか調べておきましょう。遺伝子診断をすることで、発症する可能性のある癌を調べることができます。また、癌腫瘍ができる前に異常遺伝子を見つけることができれば、同じ種類の遺伝子で正常な物を事前に投与することができるため腫瘍ができる前に防ぐことも可能です。

遺伝子治療を受けた理由

通院で治療を受けることがきると聞いたので

私にはまだ小さな子供がいるため、癌と診断された時は大泣きしてしまいました。子供と一緒にいることができないと悲観的になっていたんですが、遺伝子治療なら通院しながら治療を続けることができると聞いたので直ぐに挑戦しました。効果も実感でき本当に感謝です。

癌予防をしたかったんです

家系的にも癌の発症率が高いと言われていた私は、本当に癌になるのが怖かったんです。食生活とかにも注意していたんですが、いつかはなるのかなって覚悟してました。でも、遺伝子治療ならそのリスクを下げることができると聞いたので試しました。

初期で見つかったからかな

会社の健康診断で要精密検査とあって、大きな病院で再検査した結果、初期の癌と診断されたんだ。症状も酷くなくて元気なのに、治療で入院するってのが嫌だったんだよね。だから、自宅から通いながら治療できる遺伝子治療を選択したんだ。定期的に通わないといけないけど、治療時間は長くないから入院よりましかな。

副作用が少ない方が安心だもん

癌治療の何が嫌かって、副作用が強い所なんだよね。癌になっても女だし、できれば綺麗なままでずっといたいじゃんね。だから、副作用の少ない遺伝子治療を選んだの。入院しなくて良いから、今までみたいにお洒落も楽しめるし癌患者って気付かれないよ(笑)

親に長生きしてほしかった

私の親が、癌って言われて本当にショックでした。いろんな方法を試していた時に、遺伝子治療を知ったの。親も副作用少ないって喜んでるし、通院だから今までみたいに過ごせるし、入院して治療に専念するより生き生きしてるから試して良かった。